アニマルコミュニケーターさち・渡辺幸子のプロフィール

コミュニケーターになる前

・高校卒業後、看護学校に進む

・看護の道は途中で卒業。日本でできるアメリカ留学に方向転換、4年間で夢の中まで英語漬け。“通じる!”という語学のおもしろさに目覚める。

・1997年 日本語教師として韓国へ。ひらがなから教えた生徒が2か月でぺらぺらに。

・帰国後、英会話学校で文法講師7年。幼稚園児から大人までを担当。

・1999年 旅行で南アフリカへ。多種多様な文化、民族に出会う。

・2000年 米国コロラドで1か月のキャンプに参加。山の中たった一人で本・ケータイ・食料なしでひと晩を過ごす「ソロ」を体験。自然界の全てが、互いにやり取りし合いつながっている世界を体感。

・ネイチャーガイドを目指しつつ、その後も通訳として自然活動に関わり続ける。

アニマルコミュニケーションと出会ってから

・2007年~ 地元の本屋で『犬と話ができる』という本に出会い、アニマルコミュニケーションを知る。アルケミストの高江洲先生にゼロから習い始める。

・2009年~ 米国ロサンゼルスにてキャロル・ガーニー先生に習う

・2018年4月まで外資系企業で役員秘書として10年以上勤務。その傍ら多くの先駆者からアニマルコミュニケーションを学ぶ。

・2012年 個人セッションを開始

・2015年 国際アニマルコミュニケーションスクールに参画、コミュニケーター育成を開始。

・2018年、コミュニケーション歴は10年超、800を超えるコミュニケーションに携わる。

どんなコミュニケーター?

・「動物は〇〇と言っています」だけに終わらせず、コミュニケーションの後、どのようにしていったら良いのか、何ができるのかまでを追求していく、実用的なコミュニケーションを心がけています。

・分からないことは動物に尋ねて確かめることを徹底しています

・動物と話すのと同じくらい、人間保護者様とのコミュニケーションを大切にしています

(とても話しやすくて安心しました!というお声を多数ちょうだいしております)

・セッションと同じくらい、アニマルコミュニケーションを教えることにも燃えています

個人の趣味など

・海外旅行(これまで訪れたのは:カナダ・韓国・南アフリカ・トルコ・オランダ・スペイン・アメリカ(アラスカ、コロラド、ハワイ)・ブラジル・インドネシア・中国・インド・タンザニア・ケニア)

・フィギュアスケート観戦(高橋大輔、宇野昌磨選手が大好き!)

・ミニオン、『聖☆おにいさん』、ミュージカル映画

・神奈川県相模原市在住、猫ふたりと暮らしています

学びの軌跡:アニマルコミュニケーション

アルケミスト
アニマルコミュニケーション講座ベーシック・アドバンス 修了
認定 アニマル・コミュニケーター
アニマル・コミュニケーションカレッジ 修了

The Gurney Institute of Animal Communication
HeartTalk Comprehensive Training Program Level 1-3 修了

宇宙の大地
アニマル・コミュニケーション講座 修了

Rainbow Animals
アニマルコミュニケーション ワークショップ 基礎・応用編

太尾和子さん
スキルアップクラス レベル1 修了
スキルアップクラス レベル2 修了

Elizabeth Whiter
Advanced Animal Communication Workshop

動物のホリスティックケア(犬用)

Dog Culture WISH
認定 ホリスティックケア・アドバイザー

ドッグマッサージ

JPMA(社)日本ペットマッサージ協会
認定 ペットマッサージセラピスト

心理学・心理カウンセラー(人間用)

日本メンタルヘルス協会
心理学ゼミナール 認定基礎心理カウンセラー

Attitudinal Healing
ファシリテータ トレーニング

ヒーリング

直傳靈氣
前期・後期 修了

臼井式霊気法(プラナ・ヒーリング・プレイスにて)
第三段階

Elizabeth Whiter
Advanced Animal Healing Workshop

Rainbow Animals
楠本倫子と学ぶヒーリング講座

ねろたんさん
ユニバーサルヒーリングNT講座 初級編・応用編

その他

愛玩動物飼養管理士2級

ヴィパッサナー瞑想
10日間コース(@ダンマーディッチャ千葉)

イベント出展等

Peaceful Map
わっかま
癒しフェア
Heart to Heart
見沼秋フェス
犬楽日和
新中野 Miagolareさんにてチャリティセッション
一般社団法人 Love & Co. さんにてチャリティセッション、お話会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP