アニマルコミュニケーションとは

アニマルコミュニケーションとは、生きものと生きものの対話です。

動物と人、動物と動物、もっと広い意味で言えば、人と人、人と植物の間のやり取りなども、”生きものと生きものの対話”の範囲には入ってくるでしょう。

ですが私は主に、動物と人、動物と動物の間のやり取りのこと、と捉えています。

目の前の相手について聞きたいことや知りたいことがあって、「教えてもらいたい!」という気持ちで問いかける。その、「あなたのことを分かりたい」というココロに、動物が応えてくれるもの。

また、動物たちの「ねえねえ聞いて」という思いを、私たちがキャッチすることもあります。

対話なので、コミュニケーションが行われるところには【話す側・聴く側】の両方がいます。

相手の知らないところで一方的に相手のことを読み取ったりすることは、アニマルコミュニケーションとは別と考えています。

 

アニマルコミュニケーションとはどういうもの?

大きく分けて2つあります。

ひとつは、実際に目の前にいる動物が表した行動や振る舞い、表情をじかに見ることによって、動物の望むものや気持ちが分かること。これも立派なアニマルコミュニケーションです。相手を観察することで分かることは、実にたくさんあります。

もうひとつは、目の前に動物がいなくても、想いが伝わってきたり伝えたりのやり取りができる、いわゆるテレパシーコミュニケーションともいわれるもの。

テレパシーというととたんにアヤシク聞こえてきますが、もはや日常にあふれている「相手の気持ちを察する・空気を読む」なんていうことと、そう大きく違うものではないと考えています。

 

アニマルコミュニケーションは誰でもできるの?

はい。人間であればだれでも。

大昔、ヒトという生き物もきっと当たり前のように使っていた機能。けれど環境に手を加え、言葉を発達させるに従ってだんだん使われなくなり、使い方を忘れてしまったもの。

動物と一緒に暮らしている人は、多かれ少なかれすでに日常の中でしていることでしょう。

何かの特殊能力を授かった特別な人だけができること、ではありません。

誰でもできる。けれど「動物と話したい!」という気持ちがあるかどうかが一番重要。

実際、現在活動しているコミュニケーターも、やり方を最初から学んだ方々が多いと思います。

もちろん、私もその一人です。

 

動物はことばをしゃべらないのに、どうやって会話をするの?

当たり前ですが、動物たちはやり取りの際に人の言葉を使いません。

そのためコミュニケーターは動物から送られてきたさまざまな情報を、(意識的にせよ無意識にせよ)いったん人間の言葉に置き換える作業をしています。

外国語の翻訳作業のようなもの、と考えて頂ければ分かりやすいかと思います。そのため、同じ内容でもコミュニケーターによって使う言葉がちがったり、ニュアンスが異なったりする場合もあります。

人間→動物の場合は、言葉で普通に伝えることで、動物はかなりの割合で理解します。

 

アニマルコミュニケーションをすると何が良いの?

動物たちの声なき声の世界は実に豊かです。

海外旅行に行くと、それまでは何の意識もしていなかった自分の国のことが、(良い悪い含めて)初めてよく見えてくる。そんな体験は多くの方がされているのではないでしょうか。

それと同じように、人間だけの考え、人間だけの世界の中にいると見えてこないものが、動物のものの見方を知ることで、初めて分かることがあります。

 

動物が何を考えているのか、どうしたいのか、どうしてほしいのか。

動物たちに教えてもらいましょう。

理解は力となります。理解は癒しになります。理解はよろこびをもたらしてくれます。

自分とは種の異なる動物を知ることで、自分自身を知っていくきっかけにもなるのです。

動物たちの声には、共により良く生きていくための、そして、人間にとっての生きるヒントが満ちています。

こんな時にセッションが役に立ちます

動物たちは時に、わざと悪い子になったり自らの体を使ってまで、人間側に気づいてもらいたいことがあったり、お知らせしてくれようとすることがあります。

動物との暮らしにイライラしたり、不安になったり、困った時はぜひご連絡ください。一緒に考えていきましょう。

もちろん問題がなくてもお話を聞いてあげるだけでも動物は本当に喜びますし、新しい発見があるでしょう!

例えばこんな時…

「なんでこんなことするのっ!」動物の困った行動に悩んでいる

何か伝えたいことがあるのかもしれません。人間には感じない何かしらの変調や、体調の変化、あるいは保護者様ご自身の行動や考え方を変える時、なのかもしれません。

動物は聞いてほしいと訴える手段がとっても限られています。

動物の言い分をじっくりお聞きし、保護者様のできる範囲とすり合わせ、サポートを致します。

「やらないように言ってください」の丸投げはダメですよ!

 

「体のどこか悪いところがあるのではないかと心配…」

動物自身が体にどのように感じているか、教えてもらえる場合もあります。

いつもと様子が違う時は、すみやかに獣医師の診断を受けて下さい。

治療に関しては、獣医師の方針をしっかりと聞き、保護者様ご自身が決断を下す事、が前提です。

動物に、治療したいかどうかの丸投げはしないでくださいね。

 

「お別れ(旅立ち)が近いかもしれない…」

動物の視点から、死や死にゆくことに対する見方を教えてもらえるかもしれません。

より良い時間をお過ごしになれますよう、できるだけ動物の希望を聞き進めてサポート致します。

余命の診断は致しません(命のついての保証は、生きている者には誰にもできないことです)。

 

「旅立ってしまい、どうしたらいいか分からない、悲しみが消えない…」

亡くなってすぐもコミュニケーションは可能です。実際動物に伝えたいことがある場合もありますので、いったんご相談ください。

そのうえで、つながりが困難だった場合は保護者様ご自身が落ち着かれ、心に少し余裕が出てから時期のご相談をさせて頂きます。

どんなに手を尽くしても、お別れは悲しみが伴うものです。どうぞご自身に優しくお過ごしください。

できれば生前からコミュニケーションをされ、動物がコミュニケーターとも知り合っておく機会を作っておくと、いざという時もより頼りになることでしょう。

 

「いなくなってしまった」

居場所特定や待ち合わせ、必ず帰ることのお約束はできませんが、動物さんが何を思い、どのように過ごしているのか、また、保護者様の伝えたいことを仲介させて頂くコミュニケーションを図ることができます。

迷子(帰り道がわからない)以外にも様々な理由が考えられます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

人気の投稿とページ

PAGE TOP